評価の対象として

IT企業でキャリアを積むことで、周りの人達から羨望の眼差しを受ける方がいると思います。

転職時に有利なキャリアを持つことは、保険に入ることと同じくらいに重要なことだと捉えている方がいると思い、面接官が応募者の職務経歴書に目を通したときに、「この応募者のキャリアは実に素晴らしい。是非我が社に欲しい人材だ。後は面接で俺のお眼鏡に適う人格者であることを願うばかりだ」という感想を抱くことが考えられます。キャリアで人としての価値が決まることがあると思い、過去の輝かしい栄光を表すキャリアを持っている自分のことを誇りに感じる方がいるのではないでしょうか。自分がこれだけ有望な人材であることを大々的に公表する上でキャリアが欠かせないとおっしゃる方がいても不思議ではなくて、キャリアが自己表現の要だと意識しているのが見て取れます。

ITのキャリアがカッコいい自分を演出してくれるものだと感じている方がいることでしょう。女性が、周りの人達が目を見張るほどのキャリアを持つことで、キャリアウーマンとして注目されていくことを嬉しく思うのではと思い、キャリアが自分の姿を映し出す鏡のようだと感じることが多々あると考えられます。自分を良く見てほしいという欲求が強いほど、人気のあるキャリアを手にしようとする想いを強くしていくのではないでしょうか。自分を見る周りの視線により、自分が磨かれていくことを期待している証左だと思うのです。
フリーエンジニアという選択肢は、自分を磨く最高の選択肢とも言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です